しょうぶ屋ブログ - 2010/01

しょうぶ屋の日々の活動・店主日記




2010年01月31日(Sun)▲ページの先頭へ
京都戦国MAP

なんや、京都の今昔地図っていうのが売ってあったので



思わずくいついてしまった。



京都と戦国



大名の領地や屋敷も密集



二条城も4種類もある



以外とここには戦国が密集して、



この地図一冊持って、京都を歩けば1カ月は楽しめそうやね。



ほんまに行こう。



ちなみに本の名前は



「京都時代MAP」





ラッキー

ラッキー、アンラッキーとはいいますが、




この世に生まれたことが一番のラッキーで




それに気づかないことが一番のアンラッキー。


2010年01月30日(Sat)▲ページの先頭へ
大洞の弁天さん

彦根に住んで40年以上



やっと、手を合せました



大洞弁財天、通称弁天さん。



なんか、感動しました



照明で照らされて



神秘的に遠くの弁天さんが浮き出ている。



弁天さんって女性?いや男性?



無知ですんません



弁天さんはお母さんって感じで



やさしく話を聞いてくれている。





弁天さんは佐和山の麓に、静かに佇んでおられます。


ぜひ、手を合わせください。






続けること。

新しく始まることは、なんでもドキドキわくわく



楽しい。



いままで継続されてきたことは



めんどうだったり辛かったり



つまり、やらないとダメなこと。と感じることが多い。



でも



世の中のことは新しいことより継続されていることがほとんどで



継続することを、いかに楽しくやるかが大事なこと



新しいことも、いつかは続けることに変わることだし。




地味だけど続けること。そこに幸せを感じることが



「幸せ力」というのかもね?





2010年01月29日(Fri)▲ページの先頭へ
正解

「運が悪い」



なんてことは無い。



運が悪い、と思えても。



あなたに起こるすべてのことが、すべて「正解」。





ロマン

未完成だからいいんです。



出来上がったら、もう終わり。



より大きな未完成を求めて。






ロマンやね。





コーンラーメン

味噌ラーメンとコーンの相性がいいのは



ご存じですよね。



でも、丸ごとコーンが入っている味噌ラーメンは見たことないよね。



なんで?



絶対うまいと思うんやけど・・・?



まるごとコーン味噌ラーメン



どう?



左手でコーンの芯の部分をつかみ、コーンにかぶりつく



右手にはお箸



コーンのあるところへ麺を押し込む



うめえ



どう?



まるごとコーン味噌ラーメン。



新提案。










コツコツ

毎日少しだけつづけることが


意外にも大きな成果をもたらす事がある。


小さなコツコツをばかにしてはならない。


来る日にそなえて、力が備わっていくものなのだ。





歴史講座

歴史講座のための企画会議の内容は歴史講座の内容よりも楽しい。


???




企画会議を売りもんにしたれええんか?


2010年01月28日(Thu)▲ページの先頭へ
時にはそんなこともいいものです。

めちゃめちゃいやなことあった後に



ちょっといやなことがあっても



そんなにいやだとは思わない。



人の頭はそんな構造になっている。



ですから



おっきないやなことも



たまにはいいものです。





神頼み

神様は必ずいる。



ただ、人のお願いを聞いてくれることは無いけどね。


2010年01月27日(Wed)▲ページの先頭へ
それがベスト

人生に優劣はないのです。



他人の人生と比較すること自体ナンセンス。



あなたの歩む人生はそれでいいのです。



他人より不利な人生であるように思えても



それがベスト。



ベストな道にあなたのベストを尽くすこと。





出雲と甲良

上月城を開城する時



尼子勝久は切腹、山中鹿之助は生き伸びる



鹿之助は、それでも尼子氏再興のために戦う。



織田軍の援助を期待しつつ、戦う。



結果は



期待も空しく毛利に滅ぼされる。



そんな



家臣団には最後まで鹿之助のお伴をする目加田新兵衛という家臣がいる。



目加田氏の一族であるが



きっと、頻繁に近江と情報交換があったはずである。



信長後の近江では佐々木氏の力が衰えたため



近江の国の佐々木氏の衰退と同時に尼子氏(佐々木一族)も衰退する。



信長の家臣として仕えた近江の目加田氏と尼子の目加田氏は特に情報を共有していたはずである。


もちろん、秀吉と鹿之助は意気投合していたはずではあるが



目加田氏もきっと重要な役割を果たしたはずだ???



・・・・



研究だ・・・



甲良と出雲・・・



以外と縁が深いのである。








石は何でも知っている?

宮沢賢治は石博士だった。



石は何でも知っている。



何億年も前の歴史を知っている。



宮沢賢治も不思議な石と話をしたんだろうか?



子供のころ石っ子けんちゃんと呼ばれてたって。



滋賀にも江戸時代、石亭と呼ばれる石博士がいた



石が人を幸せにしたり、病気を治したり



そんなことは無い。



でも、手に握ってみると



心が鎮まることは確かだ。



ためしに、目を閉じて手のひらに収まるサイズの石をそっと握ってください。



そして自分の体の音を聞いてください。



心臓の音、聞こえますか?


・・・


石があなたにいろんな音を聞かせてくれます。



それが、なによりの石からのメッセージです。





2010年01月26日(Tue)▲ページの先頭へ
他人のふんどし

他人のふんどしで相撲をとるな。



と言いますが



ふと自分のことを考えてみますと



そんなことをしていることが多いのでございます。



と、わかったら



今度は、



そのお返しということで



自分のふんどしも快く人に貸してあげましょう。





解決策

解決策は必ず内側にある。



いろいろさがしてはみるけれど



結局



自分の中にあることを



ふとした時に気づくものである。


2010年01月25日(Mon)▲ページの先頭へ
どちらが上か

ロースとカルビはどちらが上か?


これは私の経験から


高級なロースは高級なカルビより上


お手軽価格のカルビはお手軽価格のロースより上


どう?


違ってる?




どうでもいいって?








近江衆SAMURAI

我に七難八苦を与えたまえ


尼子再興を目指した山中鹿之助も元をたどれば


滋賀の佐々木氏にたどりつく


祖をたどると宇多源氏


考えてみると・・・


今でも親戚や同じ名字、同じ出身地の人と会うと


何か親しみを自然と感じるものだ


そう考えると


戦国時代もきっとそうした感情を人は持ったにちがいない。


近江の侍は佐々木氏を祖とすることが多い


もしくは血縁関係も多い


甲賀には忍者などもいて


近江衆のネットワークは最も優れているものの一つであったと予想される。



BEFORE NOBUNAGA



近江衆がもっとも活躍した時代



近江衆が日本を制覇し世界を展望した・・・・



ちょっと、まとまりがつかなくなりましたので

これくらいにして



とにかく、再興近江衆サムライスピリッツ計画



設立。




あくまでも、個人的しかも勝手なプロジェクト
目的も何もありません。


2010年01月24日(Sun)▲ページの先頭へ
おでんの法則

失敗するほど人は強くなる。


おでんはさめる時に味がしみ込む。



おでんの法則




貧困

貧しい。とは言っても



心と物では大違い。



物が少ないことを



貧しい。と表現するのは



物をたくさん持つ人の驕りであり間違い。



前に「物が」



とつけないといけない。



それから



心の貧困と物の貧困は意外と逆に作用する時も多いかも・・・


足るを知る?

何事も完成してしまっては


そこで終ってしまう。


なかなか完成しなくて


不安定な状態が楽しい。


足りないからこそいいんですよね。


そっか


足りないからこそ


心が満たされることもあるんだ。








2010年01月23日(Sat)▲ページの先頭へ
戦国遷都

滋賀には忍者の里「甲賀」がある。


今の情報関連企業の密集地帯である。


飯道山という行者山があり


忍者が修行をしたと伝えられている。


戦国時代の滋賀は情報から流通まで


政治の中枢をになっていた。


実は現代の滋賀も


流通から情報、食べ物、衣料、居住空間まですべてがそろっている。


しかも日本の中心に位置している。


日本の政治機能はさておいて


「戦国」と呼ばれるものの中心を滋賀に持ってきたいものだ。


2010年01月22日(Fri)▲ページの先頭へ
それがどうした

どうもビジネスマンとしては失格のようだ。



常に金欠。



「金持ちとうさん」を読んで勉強したんだけど・・・






ま、いいか




あきらめよ




金がない、それがどうした。




金が無くても命を取られるわけじゃない



とことんまでいったれ・・・???














これでいいのだ

「これでいいのだ。」



バカボンぱぱはアホだけど



バカボンぱぱにはこころあったまる名言がある。




あなたも、これでいいのだ。


2010年01月21日(Thu)▲ページの先頭へ
いい人生

歴史LIFE



そう、私の人生の時間の大きな部分が歴史に費やされている。



歴史以外はさっさと諦める。



迷いなし。



いい人生。


おはよう朝日土曜日です。

1月23日土曜日「おは朝」見てね



花しょうぶ通り商店街と「しょうぶ屋」が出ます。



何分でるかは知りません。






何秒か?





それから関西エリアです。


2010年01月20日(Wed)▲ページの先頭へ
次の世

ANAはJALの公的資金での再建に懸念?


と、報道されているが


そらそやね


何のための自由競争や?


ってね。


ルールの意味がない。



私の個人的な意見だけど


自由競争の時代が終わって次の時代がやってくるんだろうね。


強者が残るだけではなく


弱者も、その能力を引き出し


それを生かす。


新しい、強者弱者を超えた世の中。


世の中の抽象化


つまり、視点の高さを上げること。


絶対、そんな世の中がやってくる。


そう考えます。



ということでJALとANA


どないなるんでしょうか?







厳しさ

「厳」



さけるためにあるものではなく



その時は必ず必要なものとして存在する。



厳しさはやさしさと相対的に存在する



それだけではなく



絶対的な存在としての「厳」もある。


よいこ部

みんな見たか???


今日の「よいこ部」ブラスバンド


ひこねからも赤備えの井伊隊が出演?


そこには美容師KEIZO氏が・・・


かっこいいやん


サックス


ええわ。


楽器出来る人って、かっこええやん。



見直しましたわ。



みんな見たか???


2010年01月19日(Tue)▲ページの先頭へ
テレビ


今日はテレビの取材があるとのことだったので

かなり緊張して心の準備・・・

しかし、

全く出る幕が無し。

緊張も無意味・・・

取り越し苦労とはこのことだ。


とりあえず、今週の土曜日の

「おは朝」の旅のコーナーを見てください。

全く出てませんけど。








1 2 3    全70件




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年1月
         
           

アーカイブ
2006年 (86)
10月 (5)
11月 (43)
12月 (38)
2007年 (784)
1月 (40)
2月 (34)
3月 (59)
4月 (100)
5月 (90)
6月 (87)
7月 (94)
8月 (75)
9月 (49)
10月 (55)
11月 (59)
12月 (42)
2008年 (1022)
1月 (65)
2月 (89)
3月 (86)
4月 (60)
5月 (74)
6月 (65)
7月 (93)
8月 (105)
9月 (97)
10月 (122)
11月 (85)
12月 (81)
2009年 (916)
1月 (89)
2月 (82)
3月 (74)
4月 (66)
5月 (80)
6月 (72)
7月 (78)
8月 (71)
9月 (72)
10月 (91)
11月 (73)
12月 (68)
2010年 (734)
1月 (70)
2月 (63)
3月 (57)
4月 (60)
5月 (65)
6月 (64)
7月 (61)
8月 (59)
9月 (59)
10月 (60)
11月 (53)
12月 (63)
2011年 (725)
1月 (67)
2月 (59)
3月 (60)
4月 (60)
5月 (58)
6月 (55)
7月 (63)
8月 (61)
9月 (58)
10月 (62)
11月 (61)
12月 (61)
2012年 (675)
1月 (63)
2月 (56)
3月 (59)
4月 (59)
5月 (63)
6月 (54)
7月 (59)
8月 (57)
9月 (52)
10月 (52)
11月 (50)
12月 (51)
2013年 (250)
1月 (55)
2月 (31)
3月 (37)
4月 (23)
5月 (17)
6月 (11)
7月 (16)
8月 (12)
9月 (14)
10月 (14)
11月 (9)
12月 (11)
2014年 (90)
1月 (11)
2月 (6)
3月 (9)
4月 (10)
5月 (10)
6月 (10)
7月 (6)
8月 (3)
9月 (6)
10月 (4)
11月 (10)
12月 (5)
2015年 (71)
1月 (3)
2月 (4)
3月 (5)
4月 (2)
5月 (8)
6月 (7)
7月 (7)
8月 (7)
9月 (5)
10月 (9)
11月 (8)
12月 (6)
2016年 (42)
1月 (9)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (5)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (2)
2017年 (8)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (1)

アクセスカウンタ
今日:124
昨日:432
累計:5,580,079